「義捐金と称する目録」を手渡しに来た韓国政府

素直に感謝する気になれないのは、ニュースのせいなのか、僕の心が曇っているからなのか。

韓国、被災地へ義援金1億円 駐日大使が河野外相を訪問

2018年7月23日10時55分
 韓国の李洙勲(イスフン)駐日大使は23日、東京・霞が関の外務省に河野太郎外相を訪ね、西日本豪雨の被災地への義援金100万ドル(約1億1千万円)の目録を渡した。李氏は「被災地域が早急に復旧し、日本のみなさまが幸せな日常の生活を取り戻せるよう祈念している」と話した。河野氏は「復旧の助けとなるよう、しっかり対応したい」と謝意を述べた。
思わずニュースを二度見してしまったよ。


目録だけ
いやー、写真には日本語で義捐金って書いてあるのが分かりますねー。
でもさ、「義捐金の目録」って、初めて聞いたんだけど。

台湾が西日本豪雨の義援金2千万円贈呈

2018/7/12 16:35
台湾の台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)は12日、西日本を襲った記録的豪雨の被災地への義援金2千万円を日本の対台湾窓口機関である日本台湾交流協会に贈呈した。同日都内で開いた贈呈式で、代表処の謝長廷代表は「1日も早く支援したいと思っていた。復興に役立ててほしい」と述べた。義援金は日本赤十字社を通じ被災地に送られる予定だ。
この件で、最も早く動いてくれたのは、友好国の台湾である。額は2,000万円だが、ニュースにもある様に日本台湾交流協会に台北駐日経済文化代表処の代表が訪れ、早速の支援を表明してくれた。
台湾
しかし、このニュースに「目録」という文字は見当たらなかった。まさか封筒に入っていたということでは無いと思うのだけれど、何故報道ぶりが変わったのだろう。

この報道に関して別の媒体のニュースも見ていこう。

河野外相、韓国義援金に謝意

毎日新聞2018年7月23日 15時47分(最終更新 7月23日 16時02分)
 河野太郎外相は23日午前、韓国の李洙勲駐日大使と外務省で会談し、韓国政府が西日本豪雨の被災者らに義援金100万ドル(約1億1千万円)を贈る決定をしたことに謝意を伝えた。「温かい配慮をありがたく思う。義援金が早期復旧の助けとなるように対応したい」と述べた。
~~略~~
義援金の目録を手渡した。

西日本豪雨、韓国政府が義援金 日本政府に100万ドル

ソウル=武田肇2018年7月20日21時29分
 韓国政府は西日本豪雨の被災地支援のため、日本政府に100万ドル(約1億1240万円)の義援金を贈ると決めた。
何れも「決定」とか「目録」とかの文字が見えるな。
つまり、まだアクションがあった訳では無く、予告されたに過ぎないと言うことなのだ。
なお、今回はタイや支那からも戴いている。

中国、台湾、タイから義援金 菅官房長官

毎日新聞2018年7月18日 18時05分(最終更新 7月18日 18時05分)
 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、西日本豪雨を受け、中国、台湾、タイから被災地への義援金を受け取ったと明らかにした。金額は中国2480万円、台湾2000万円、タイ1700万円。菅氏は「他の国や地域、機関からもお見舞いや支援の申し出をいただいている」と語った。
非情にありがたい話だ。
このブログでは支那に対してかなり厳しいことも書くが、こういった場面ではきちんと対応してくれる国だと思う。

ところが韓国には前科がある。
実は、東日本大震災の際にも韓国から義捐金の申し入れを戴いたのだが、何故かその後でおかしな話に。

韓国の義捐金 20%を被災地に、70%を“独島守護活動”に

2011.04.20 07:00
 近年の韓流ブームやアイドルグループの日本進出により、犬猿の仲といわれた日韓のわだかまりはすっかり解消されたかのようだ。
 そして東日本大震災の発生後、世界の主要国と同様に、韓国もいち早く日本支援に動いてくれた。震災翌日の12日には救助隊を派遣し、韓国の赤十字社には1日1億円以上の寄付が集まった。韓国ではARSという電話での募金システムが普及しており、1回の電話で2000ウォン(約150円)の募金をしようと多くの人々が日本のために受話器をとったという。
 ソウル・衿川区の職員たちも当初は、被災した日本人を思いやってくれる善意の人たちだった。衿川区は人口60万人で、日本人も63人が在住している。約1000人の区職員たちはお金を出し合い、1200万ウォン(約92万円)もの浄財が集まった。
~~略~~
 衿川区長チャ・ソンス氏は4月5日、アンケート結果を尊重して、募金のうち20%を日本へ送り、70%を独島守護活動団体に、10%をなぜか戦争性被害者(元従軍慰安婦)の団体に寄付することを発表した。

韓国政府からではなく民間からの義捐金を、届ける段階で何故だか国内で消費する話になったという不思議な現象が起きたのである。
また、このブログでも扱っているが、これと前後して義捐金についてやらかしているのが韓国である。
1つは、2013年にフィリピンを襲った台風による被害に対する義捐金について、「返せ」と騒いだ件。もう1つは、2004年のスマトラ沖地震で義捐金の減額をやらかしている。



とまあ、そんな実績があるので、1億円の目録を手渡しされたところで、過去の実績を考えると韓国の誠意を疑ってしまうような話に。

穿ちすぎかも知れないけれど、韓国に対して謝意を述べるのは、金が届いてからで良いのかも知れない。それ程までに、過去にやらかした実例は呆れた話だったとも言えるが。

あと、非常に個人的な興味なのだが、その目録とやらには何が書かれていたんですかねぇ?日本の常識だと、目録には物品の数量や内訳が記されていて、実物と一緒に贈呈される事が多いように思うんだけど。まさか、義捐金の金額のみが記載されている、なんて話ではないだろ?まさかね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント