朝日新聞メタタグ事件

めたたぐー!

朝日新聞、慰安婦報道取り下げ英文記事で検索回避の設定 指摘受け解除、「作業漏れ」と説明

2018.8.24 22:42
 朝日新聞の慰安婦問題にからむ英語版記事2本がインターネットで検索できないような設定になっていたことが分かった。朝日新聞広報部は産経新聞の取材に対し、「記事を最終確認するため社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にした。その際に2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまった」と説明し、24日までに設定を解除した。
産経新聞だけしか取り上げないようなネタだが、かなりロクでもない話。
metaタグ
これが証拠なのだけれど、何のことやら、という人もいるだろうから、ザックリ解説。
検索エンジンとmetaタグ
ネットと検索エンジン
先ずは、検索エンジンのお話からいこう。
「ぐぐれ!」とネット界隈では罵倒されるようになって久しいが、検索エンジンと言えば「yahoo!」の時代があった。
既に、「Yahoo! Inc.」は1994年頃から、スタンフォード大学で2人の学生がジャンル別に検索しやすくするサイトを作るところから始まり、ベンチャー企業を立ち上げて一躍有名になっていく。これが検索エンジンの走りだと言われているが、今やGoogleやフェイスブックに駆逐されてしまった。
で、当時は人力で検索タグを埋め込んだり、分類したりと言う事をやっていたようなのだけれど、早い段階でこれがプログラムによって検索できるようになった。
これがいわゆるロボット型検索エンジンとなり、クローラーと呼ばれる情報収集プログラムを使っていて、これが各サイトを訪れて決められたアルゴリズムに従ってタグをつけていき、検索し易くするというようなシステムになっている。

何億ページという形で誰もがサイトを作れる世界なので、こうした検索エンジンというのは非常に重宝されている。
多くの人がgoogleさんから逃れられなくなっているのが、現代社会なのである。僕だって、googleのお世話にならない日は無いほどだ。あ、先日行ったキャンプの時は使わなかった(使えなかった)けれど。

他にもディレクトリ型検索エンジンや、分散型検索エンジン、メタ検索エンジンなど色々あるのだけれど、この辺りの区別を説明しても仕方が無いので、「手動でやるか」「自動でやるか」くらいの理解でイイと思う。
検索避けができる
ところで、こうした検索エンジンに「検索して欲しくない」と思う人も多分いると思うんだ。実際に、ブログなどを作ると、デフォルトでは検索できるような設定になっているけれど、設定を弄ると、これが検索できなくなるのだ。
これがmetaタグと言われるシロモノである。
asahi-3
こんな感じのタグが埋め込まれていると、検索できないことになる。
「nofollow」「noarchive」と書かれていて、これが「検索しないでね」という意味になる。なお、これ、朝日新聞のサイトからなんだけどね。

もともと、metaタグには、検索ロボットが来たときに、サイトが推奨するタグを提供する機能がある。「nofollow」「noarchive」「noindex」などの記載は、こうした検索を助けるのとは真逆の効果が得られるタグという事になる。
なお、このmetaタグは第三者が書き換えることは基本的にできないので、朝日新聞社は、自身の判断でこのメタタグを埋め込んだことは確実である。

朝日新聞にとって検索して欲しく無い記事
慰安婦関連の訂正記事
産経新聞が直接指摘しているのはこちら。
検索できない設定となっていたのは、平成26年8月5日付朝刊に特集「慰安婦問題を考える 上」に掲載された記事の英訳版2本。1つは朝鮮半島で女性を強制連行したと虚偽証言した吉田清治氏を取り上げた記事を取り消した記事。もう1つは、「女子挺身(ていしん)隊」と「慰安婦」の混同を認めたことを伝えた記事だった。いずれも朝日新聞デジタルのウェブサイトに26年8月22日午前10時にアップされていた。
ところで、この記事なのだが、そもそも英文の記事であることは、上に示した通りである。
しかし、この訂正記事は日本語のウェブサイトに申し訳程度に開示され、検索ができない設定になっていた。この事実は朝日新聞社側も認めたようだ。
 朝日新聞広報部の回答「2014年8月22日に慰安婦関連の英語記事を複数本、デジタル編集部が配信しました。公開前に記事を最終確認するため、いったん社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にしました。その際、2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまいました。現在は修正してあります」
なお、朝日新聞の英字サイトで「Sex Slave」を検索してみるとこんな記事が出てくる。

Indonesia shaman accused of keeping girl as sex slave for 15 years

August 7, 2018 at 17:00 JST
JAKARTA--An elderly village witch doctor in Indonesia entrapped a 12-year-old girl and tricked her into having sex with him for the next 15 years by claiming to be possessed by the "jin," or spirit, of a young boy, police said on Tuesday.

Korean ‘comfort woman’ Song Shin-do dies in Tokyo at 95

December 19, 2017 at 18:55 JST
A Korean woman who was forced to work at a Japanese wartime military brothel and later lost a Supreme Court case seeking compensation from the Japanese government has died in Japan at the age of 95, a civic group said on Tuesday.
~~略~~
The South Korean civic group said Song had "suffered for seven years as a sex slave for the Japanese military."

……これまた酷い記事だねぇ。

検索のやり方がうまくなかったようで、問題の記事が出てこなかった。あれ?朝日新聞さん、直したんじゃ無いの?
まあ、検索のやり方に問題があるのかも知れないので、この辺りの検証については脇に置いておくとして、朝日新聞はどうしても間違いを認めたくは無いという事なんだろう。
テレ朝も同じ手口
ちなみに、系列のテレ朝も同じ手口を使っていたと騒ぎになっている。
002-32
この、障害者の雇用に関するサイトにもメタタグが。
メタタグ2
本題から逸れるので、これに関してはサイトを紹介するだけに留めたい。
朝日系はメタタグを駆使するのが流行なんだろう。
誤報と訂正
報道機関である以上、誤報が出るのは仕方がない面はある。情報は速度が命で、見切り発車的に記事を書かなければならない事もある。その後から別の事実が出てきて、解釈が180度変わっちゃうなんて事も、それほど珍しい話では無い。
ただ、どの報道機関も訂正記事は、端っこにちょこっと載せる程度で、本気で訂正する気があるようには思えない。

それでも訂正記事が載ればまだマシな方で、何も言わずにこっそり記事の内容を直したり、或いは記事自体を全て消してしまうというような事もやるのもままある。
朝日新聞はどうだったかというと、慰安婦報道についてはそれが誤報だと分かっていながら40年以上も報道を続けたのである。
まあ、それ以外にも誤報をやらかしているので、「ああ、またか」程度の認識でしかなくなってしまったが、日本の巨大メディアがこの為体で、世界に誤報を発信し続けているのだから、なんと恥さらしなことか。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 予め旗印を明確にしておきます。アサヒは大嫌いです。
    赤報隊の義挙に関しては、あの日に祝杯をあげる事にしています。ざまあみろ!
    民間最大の情報機関のくせに、
    仲間を暗殺した奴をあげる事が出来ないでやんの!
    その程度の情報会社なんだろ(笑)
    私は昨今からでなく30年以上の、アサヒ嫌いですんで!
    沖縄のサンゴ礁を破壊した捏造を俺は忘れてないぞ!
    で、このタグ問題は何なの?
    自分等の影響力で、事実をねじ曲げようとしてる!
    そんなに嫌なら「誤報でない、強制連行だった!」と堂々と語り、ブン屋らしく、
    「客観的な事実」を明かすべきでは?
    それをしないで「卑屈」にして「汚い」んだよ!!
    最近、「アサヒ嫌い」を、元は
    保守に媚びを売ってきた言論人が、ネトウヨの寝言と決めつけて、良い子ぶる言説が見かけられますが、ならばおまえら戦犯じゃんか!
    ネトウヨと一塊でレッテル張るのは、メルケルの移民政策に反対する者をナチスと決めつけるドイツのリベラルさんやら、
    トランプをとにかく貶めたいアメリカのマスコミと似てます。
    別にトランプは俺は嫌いですが、それを大統領にしたのは、
    お前らに対する庶民の反発だろ?
    全く反省しないところがアサヒにそっくりだ!
    韓国でもそうだが、嫌われるだけの事をしているから嫌われるの!
    当たり前の事でしょ?
    熱中症で甲子園で倒れた投手がいたが、アサヒは一切に報道をしなかった!
    夜にやれば?とかの意見も無視
    それは自分たちの商売の邪魔になるからで、金金金なんだろ?
    建設的な意見も無視した!
    それって、自分の中の所有する
    ゴルフ場付近に風力発電施設を作られるのが嫌だから、
    アレを非難するトランプと変わらないじゃんか!!
    あんたらの嫌いなトランプと!
    そういうダブルスタンダードは、もう保守でもサヨクでも、
    世界には通用しなくなってる!
    世界で最も不寛容な、差別的なメディアの一つになってる!!
    何度でも言うけど、嫌われるには、それだけの理由ある!
    朝日のような綺麗事を抜かして、そのツケは庶民に押し付けようもするメディアは、
    今後も反グローバリストから広める言葉おっても消えない!
    さっさと退場しろ!
    時代おくれの偽善商売は!

    返信削除
    返信
    1. この話は、酷い話なので記事にしたのですが、結局アリバイ作りなのですよね。
      実際に、ケント・ギルバート氏が慰安婦関連の公開質問をした時に、「訂正記事はありますよ」と、しれっと朝日が答えたところから、この事実が明るみに出ちゃったわけですが。
      検索してもヒットしない、という状況なんですよね。

      熱中症の話もそうですが、都合の悪いことは報じない、徹底的に隠すというのは、本当に質が悪いですよね。

      削除
  2. ついでにNHKも大嫌い!
    最近、金払え!と集金人きた。
    こちらのご主人で?
    民間人には話せない!
    これは国民の義務ですから!
    ならば捜査令状を見せろ!
    ですから義務ですんで!
    だから義務なら捜査令状を見せろ!民間人には話せない!
    以後10分、民間人でなく国家機関の人間である事を証明しろ!
    言い続けると帰りました。
    末端の本店とは関係ない連中に押し売りさせるのはNHKと一緒ですわね!

    返信削除
    返信
    1. 子供がいる身では、なかなか面白い番組作りをしているという印象もあったのですが、金を払っても見て良い番組とそうで無い番組との差が激しすぎるのですよね。

      「国民の義務」というのは、NHKの常套句らしいのですが、報道機関の義務も果たしていない団体にそんなことを言われたくないんですよね。

      削除
  3. ところでNHKの件ですが。
    私は家持ちですので(小屋に近いけど)、一応は私有地です。
    私有地に入って、
    「お引き取り下さい」で10分も粘るならば、録音しておけば不退去罪で告訴できませんかね?
    警察を呼んでも良かった気がするけど。該当するならば、今後は録音するつもりです。
    NHKはプーさんの弾圧に苛められる人権弁護士の家族への迫害を特番していたので、アサヒよりはマシと見直してた。
    けど、やっぱり嫌いですね。
    日本もネット投票でマスコミの信頼度を明らかにするシステムを導入して欲しいなー。
    そしたら親戚、知人、友人に働きかけて、
    最も信頼度のない報道機関に指定してやれるのに!!

    返信削除
    返信
    1. 法律に明るいわけでは無いので、明確なお答えはしかねますが、不退去罪(刑法130条)が成立するためには、退去するのに合理的な時間を超えていることを証明しないと難しいと思います。10分程度だと、「説明するのに必要だった」とか言われそうですねぇ。

      ただ、NHKはお金を徴収するためには個別に裁判を起こしてNHKを視聴していることを立証しなければならないと言う事になっちゃいましたので、「テレビは無い」「裁判でも起こされたらいかがですか?」と突っぱねるという手はあるかも知れません。NHKはテレビでNHKが受信可能な状態にあることを立証する義務がありますからねぇ。
      とにかく取り合わないことです。
      或いは「Bキャスカードを破棄しました」と主張するのもアリかと思います。

      NHKにとって困るのは、視聴していると思われる一般人に対して、不当利得が成立しているかどうかを立証することは事実上不可能だという点にあります。ホテルなどが敗訴している理由は、商売上の利益に結びつく可能性があるからなんですよね。この場合はホテル側が客がNHKを視聴していないということを立証する必要があり、それは不可能ですから。
      ところが、金銭の授受が発生しないようなシーンでは、「義務だから払え」とは主張できますが、それに対する罰則規定は一切ありません。これがNHKとの受信契約を結んでいる上での不払いの場合だと、契約の履行を行っていないという理由で、別途罰則が発生しますが、そもそも契約を結んでいない状況ではそれがそれが成立しないワケで。

      最高裁の判決でも、テレビの設置と同時にNHKとの契約が自動で発生することは認めていないのです。
      「NHKを見る気は無い」
      「だからNHKと契約する気は無い」
      「最高裁判決で契約しない権利は認められた」
      「自分がNHKと契約を結ばなくても、NHKには何ら損害が発生しない」
      「だから契約しない。帰ってくれ」
      「必要であれば裁判所でどうぞ」
      という流れだと、NHKは論理的に反論できないのですよね。そうした言い分を聞いてくれない方には、「警察を呼ぶ」と脅すくらいしか無いのかも知れませんが。

      削除
  4. やっぱり木霊様はスゴいなぁ!
    そもそも受信契約なんざ結んでないので、折れる必要がないのだと確認いたしました。
    知人に「NHKから国民を護る会」がいるので、ステッカーを貰ってきて貼りました。
    次に来る時が楽しみですが、

    いや、あんたもう、ブラックリストに乗せられてるんで(笑)
    迂回して来ないと想うよ。
    デジカメとICレゴーダーを買って、フェイク監視カメラを直後に取り付けるような人には、
    連中も商売だから来ないよ!
    ですって。
    残念なような、そうでないような……。
    とにかく木霊様は頼りになる!
    今後もよろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. お役に立てたのであれば幸いです。
      NHKの在り方が変わっていくと、良いなと思います。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。