【政府支援】大宇造船が海軍新型潜水艦救難艦を受注

頑張ってねー。

大宇造船、4400億ウォン規模の海軍新型潜水艦救難艦を受注

2018年12月07日16時15分
  大宇造船海洋が新型潜水艦救難艦(ASR-II)1隻を受注したと7日、明らかにした。契約金額は計4435億ウォン(約447億円)で、2022年末までに製作して海軍に引き渡す予定だ。
  今回受注した潜水艦救難艦には潜水士が最大300メートルまで深海潜水任務を遂行できる装備が搭載される。また、潜水士の作戦遂行が難しい最大500メートルの海底でも遭難潜水艦の乗務員を救助できる新型深海救難艇(DSRV)、海底1000メートルで運用できる水中無人探査機(ROV)も含まれる予定だ。
んー、前にもあったような話だな。


潜水艦救難艦……、えーっと、前に扱ったのは確か「統営艦」だったな。あれは、救難艦というカテゴリーで紹介されていた。
この統営艦が作られた背景にあったのが、天安沈没事件(2010年3月26日)である。

天安艦は韓国海軍の保有する哨戒艦だったのだが、2010年3月26日の9時45分頃に、北方限界線 (NLL) 付近で、船体後方が爆発し沈没する。悲惨だったのは、行方不明となっていた46名のうち36名が遺体で発見される。当時の乗組員は104名だとされているので、船員の1/3以上が犠牲になっている。

更に、沈没して水深40mの海底にいる天安艦の中を創作するために潜ったダイバーが意識不明となって、結果的に死亡する事故を起こした他、カンボジア船籍の貨物船と捜索に協力していた漁船が衝突して沈没。9名が行方不明となっている。

原因はハッキリしていないが、北朝鮮犯行説と、韓国軍の機雷犯人説の2つが囁かれている。調査すればハッキリする話なのだが、その結果を揉み消してしまったので、永遠に真相は闇の中である。

とはいえ、救助体制が未熟だった点は認め、作られたのが救難艦の統営艦である。

ところがこの統営艦が、かなりお粗末なことになっちゃった。
いやはや、新造艦作った意味があったのか無かったのか。
色々凄い事があるが、目を引くのがソナーに採用していたのが魚群探知機だったことと、GPSを受信できない問題が発覚したことだ。他にも性能が未達で韓国海軍がずっと敬遠していたとか、色々伝説を残した船でもある。

しかし、この統営艦はそれでも無人探査機(ROV)を持っているし、それなりに活躍は出来るはずだった。しかし、セウォル号の事件の時にはでていくことは出来ず、未だに活躍したという話は聞かない。
そして、潜水艦を助けるとなると、これでも力不足なのである。専用の設備が必要だからだ。

なお、ROVも問題を起こしてはいるね。

実は、潜水艦救難艦というのは、通常の救難艦よりも深い海域で活動する必要がある為、特別な装備が必要になってくる。



もちろん、そんな事は韓国軍だって100も承知である。
なので、潜水艦救難艦「清海鎮」を1992年に発注し、1997年に就役させている。

この「清海鎮」だが、大宇重工業(現・大宇造船海洋)に発注されているので、今回の船も実績のあるこの会社に後継艦を発注することそのものは問題だとは思わない。

ただ、1997年就役している事を考えると、そろそろ20年になる船であるとはいっても、更新しなければならない程か?という気はする。で、よくよく調べてみると、この「清海鎮」って、1隻しか無いんだよね。


そんな訳で、潜水艦を増やしている韓国軍が新しい潜水艦救難艇を作りたいという気持ちは分かる。
分かるのだが、「統営艦」作った会社だぞ?大宇造船海洋って……。

韓国造船企業が2200億円の損失隠し、大規模な構造調整も=「モラルハザードだ」「造船受注で世界1位と報じられたばかりで…」―韓国ネット

配信日時:2015年7月17日(金) 17時34分
2015年7月15日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の大宇造船海洋が2兆ウォン(約2200億円)の損失隠しをしていたことがわかった。
実は大宇造船海洋が巨額の損失を出し、巨額の公金が投入されるような事態になっているのである。それも、改善の兆しがない。

造船各社、韓国補助金に悲鳴 「市場ゆがめる」来月の国際会議で議論へ

2018.9.19 20:22
 造船各社が、韓国政府による自国企業の助成に業を煮やしている。リーマン・ショック後の世界的な「船余り」で新造需要や受注価格が低迷する中、韓国が経営難の造船所を延命させることで「競争をゆがめ、市況の回復を遅らせている」(日本造船工業会)というのだ。造工会は10月、日中韓欧米の造船会社首脳が三重県に集まる国際会議で是正へ向けた議論を提起するが、先行きは見通せない。

日本、韓国をWTOへ提訴 造船会社への金融支援で

2018年11月14日 / 08:26
[ジュネーブ 13日 ロイター] - 日本政府は、韓国が造船会社に対し違法な金融支援を行ったとして世界貿易機関(WTO)に提訴した。13日に公表された訴状で明らかになった。
日本政府も重い腰を上げたのだけれど、この問題はまだまだ長引くだろうと思われる。

韓国造船大手のLNG船受注急増 今年52隻

記事入力 : 2018/12/10 09:07
【ソウル聯合ニュース】韓国造船大手の現代重工業グループ、サムスン重工業、大宇造船海洋の液化天然ガス(LNG)運搬船の受注量急増に伴い、今年の受注実績が順調に伸びている。
 造船業界によると、年初から今月6日までのLNG運搬船の受注量は現代重工業グループが25隻で最も多く、大宇造船海洋が14隻、サムスン重工業が13隻で、合計52隻に上る。海運・造船市況分析機関の英クラークソンが集計した昨年の受注量(11隻)の5倍だ。
こんなニュースも出ているけれども、構造的に韓国政府が公金を投入して大宇造船海洋が世界の船を安く作る約束をするという事になっている。これが市場を荒らしていて、日本の造船業も青息吐息になっている。

そして、この次期潜水艦救難艦の製造依頼も、大宇造船海洋救援策の一環なのでは無いか?という疑いが強い。

まあ、そうはいっても1隻だけでは問題もあるだろうし、新造の潜水艦は色々と問題があることも予想される。
備えておくことは重要なのだと思う。
大宇造船は1996年に任務を始めた韓国海軍唯一の潜水艦救難艦「清海鎮(チョンヘジン)」を建造した。今回の受注で潜水艦救難艦の建造経験を積めば、潜水艦と潜水艦救難艦をパッケージで輸出する機会を期待できるというのが大宇造船の説明だ。大宇造船は2011年、インドネシア国防省から1兆2000億ウォン規模の改良型潜水艦(1400トン級)建造事業を受注した。
必要なのだけれど……、何というかいつものパターンだよね。
海外に輸出することを前提にして、こうした事業を推進している。まあ、韓国の良くやるパターンであり、必ず失敗するんだよね。
  大宇造船のパク・ドゥソン特殊船事業本部長は「今年、防衛産業分野で10億ドル以上の受注に成功した。今後も持続的な研究・開発で同分野で毎年10億ドル以上を受注していきたい」と述べた。
自国でその船の性能を検証しないことを願っているよ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. 欠陥や浸水まで救えまい。(笑
    今、ドック入りの潜水艦修理が先でしょ。(笑

    返信削除
    返信
    1. ドックに入っている潜水艦は、二度と出てこない可能性も。
      でも、その方が平和ですよね。

      削除
  2. まず、LNGの受注増って、誰が発注してキチンと黒字が出る商売になっているのか?ですよね。
    あと、潜水艦救難艦なんぞ日本だって二隻しか持ってないけど、彼らに運用ノウハウがあるんですかね?この関係が冷え込んでるご時世に、「タダで教えろ!」って押しかけても門前払い必至でしょうに。特に最先端軍事機密が絡む案件ですし。

    返信削除
    返信
    1. LNG船受注は完全にダンピングだろうという分析がでていますね。
      日本がWTOに提訴する程度には狂った手法を使っているようです。重い腰をようやく上げた感じですが、何もかも遅いんですよね……。

      潜水艦救難艇を日本が2隻しか保有していないのは、事故率を考えてもその程度で十分だという認識なのでしょう。しかし、韓国海軍にとっては、潜水艦沈没は既に多くの「お笑い韓国軍ファン」が予想する程度には確率が高いので、2隻と言わず、3隻4隻と作って欲しいと思います。

      削除
  3. ステイシルバー2018年12月12日 14:11

    別件で恐縮なのですが.性懲りも無くスリオン輸出を企むも、頓挫したそうですよ。笑
    なんでブラックホークとタメはれると思ったんだか…
    韓国型ヘリ「スリオン」、フィリピン向け輸出計画が頓挫
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2018121280024

    返信削除
    返信
    1. 情報ありがとうございます。
      幾つかこの手の記事で触れていないヤツがあるので順次やっていこうかと。

      しかしまあ、スリオン、売れると思っていたんですかね?

      削除
  4. これって必要な艦船とは思うんですが、ご指摘通り1隻しかない潜水艦救難艦を2隻体制にする...、これは整備や修理でドッグ入りするからと考えれば、リスクマネジメント的に間違っていないですよね。
    ただ南朝鮮が配備している潜水艦は張保皐級でも艦歴が25年くらい、9隻中いったい何隻がまともに使えるか不明なお笑い潜水艦の孫元一級を合わせて17隻です。
    他の方も仰っていましたが先に使える潜水艦を修理するのが先じゃないかなァ~?(苦笑)

    ああ、そうか3000t級を3隻建造中でしたよね、それ用と考えればいいのかも?

    日本の海自は最新のちよだ型を含め2隻体制で、練習艦を含めた23隻をカバーする体制で、近海配備の哨戒型潜水艦メインですから理に適っています。

    ちなみに世界最強のアメリカ海軍には意外にもこの種の艦船は配備されていないようで、救援母艦は普通の艦船や原子力潜水艦、合わせて航空機が対応するようです。
    太平洋・大西洋を含む広大な海域に潜水艦を派遣していますから、救援艦でえっちらおっちら時間をかけてる場合じゃないって発想のようで、初動は大型輸送機にDSVRと呼ばれる深海救難艇を積んで現場に急行するみたいですね。
    しかも、配備はわずか2隻で稼働中は1隻のみとか?

    さらに、現在は無人潜水機を元にしたシステムに移行中らしい。
    潜水艦運用ノウハウに80年以上の歴史をもつアメリカや日本ですから、万が一の事故への備えは持っていて当然で最新&最善のシステムなんでしょうね。

    これに較べて南朝鮮は30年にも満たず、独自開発の潜水艦さえないのが現実で千が一どころか百が一くらいの事故リスクがありそうで怖すぎます。(苦笑)
    南朝鮮の誇る3000t級がどのエリアをカバーするのか知りませんが、新規で救援艦を建造するよりアメリカ式を選ぶか、日本とアメリカに緊急時の支援を頼んだ方がいいような...。(笑)

    ああそうだ、レッドチーム入り目前ですから日米から門前払いとなるし、支那を頼ってもアテにはできませんから自力でやるしかないのかな?

    でもですねぇ~、潜水艦に限らず海難救助は例え敵国であっても最優先される、「誇り高いシーマンシップ」の原点なんですよ、同じ民族を信じることさえできない蛮族だから他国なんて信じれない...、哀しくて悲惨な歴史しかなかったから哀れ過ぎるメンタルも仕方ないかもね。

    やっぱり、「霊的に生まれ変わる」しかないと思う。

    返信削除
    返信
    1. 韓国海軍は潜水艦を保有しているわけですから、潜水艦救難艦だって複数所有することは必要だと思います。
      日本も、2代目ちはやと2代目ちよだを1隻ずつ保有しているわけですから、韓国海軍だって2隻持っていておかしい話では無いのですが、救難艦「統営」の惨状を考えると、なんともはや。

      いずれにせよ、事故が無いことを願いたいと思いますよ。

      削除
    2. 木霊さん、おはようございます、そしてレスありがとう。

      >日本も、2代目ちはやと2代目ちよだを1隻ずつ保有しているわけですから、韓国海軍だって2隻持っていておかしい話では無いのですが、救難艦「統営」の惨状を考えると、なんともはや。

      事故が極力起きない潜水艦を建造&既存艦をちゃんと整備し使える様にするか、救援艦がまともに機能するように設計されるか、まるでいたちごっこって感じですねぇ~。
      二兎を追う者は一兎をも得ずとならなければいいのですが...?

      >いずれにせよ、事故が無いことを願いたいと思いますよ。

      救難艦運用のノウハウもないと思いますから、近海哨戒目的の張保皐級と孫元一級専用と割り切って、噂の3000t級と構想中の原子力潜水艦の救難はアメリカや日本に頼った方がいいと思う...マジで。

      潜水艦自体の機関問題での事故は陳腐な映画「K-19」など原子力機関が原因とされる事故以外は、WWⅡ以降はアルゼンチンの潜水艦くらいしかないんじゃないでしょうか?(確かこれも電気系のショートが原因とか言われていますが)
      つまり365日世界中の海域に配備され活動している、各国の潜水艦の事故率(機関を原因とする深刻なシ事故)は数十万分の一程度の計算になると思いますね。
      そもそも潜水艦の宿命とはいえ、緊急時に浮上できない最悪の状況ってリスクマネージメントからしてほぼあり得ないと思います。

      南朝鮮の潜水艦は多数修理ドッグ入りとかいわれていますし、そもそも作戦能力を発揮できる艦が何隻あるかも怪しい状態じゃないのかな。(緊急時に果たして浮上できるか?)
      航行した瞬間から救難艦のスタンバイが必要って状況ならば、原潜なんて絶対やめて欲しいですねぇ~、海洋汚染で大迷惑するのは日本が有力ですから。

      削除
  5. そういえば、韓国は水中探査機をコピーするつもりでバラしたら、組み立て直せなくて製造元に泣きつくも不正分解だとして拒否されていましたね~。

    返信削除
    返信
    1. 214型の1番艦「孫元一」がそんな噂されていましたね。
      ただ、どこかで演習に参加していたとかいう記事を見かけたので、一応動くのでは無いでしょうか?探しても出てきませんが(汗
      記憶違いだったかも知れません。

      なお、214型潜水艦は8番艦と9番艦が作られている(8番館は2018年中に就役予定のハズ)ので、まだまだ増やすのかも知れませんね。
      3000t級潜水艦も控えていますから、どんどん作りますね!

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。