ファーウェイのCFOが7通のパスポートを保有

え?ナンデ7通?

華為CFOパスポートを7通保有

2018年12月09日 09時22分
 米国の要請でカナダ身柄拘束された、中国の通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)(46)が、少なくとも7つのパスポート(旅券)を保有していたことが、カナダ検察の訴追資料から明らかになった。孟氏側は旅券の押収に応じることを条件に保釈を求めているが、検察側は孟氏が複数の旅券を使い分けていることから保釈後に別の旅券を使って国外に逃亡する恐れが極めて高いと反論している。
凄いな「少なくとも7通」という表現が。
プーちんと一緒に
完全にスパイ扱いされつつあるが、7通もパスポートをもっていたら仕方が無い。
 訴追資料によると、孟氏は過去11年間に中国旅券を4通、香港旅券を3通、計7通の旅券の発行を受けていた。孟氏は海外出張のたびに、これらを使い分けていた可能性があるという。
パスポートは言わば、世界に通用する公的な身分証明書である。よって、支那がパスポートを発行したということであれば、政府の責任で4通ものパスポートを作り、香港にも圧力をかけて3通作らせたと言うことになる。

支那の法律を知らないので、複数のパスポートを保有しているのが支那で違法かどうか、という点を言及することは避けるが、日本であればかなり特殊な状況と言える。そして、少なくとも共産党がこれを把握していなかったことはあり得えないと言えるだろう。
そして、国際的にもこれが許されるかというと、微妙だ。だって、身分証明書が複数あるって、どれを信用して良いか分からなくなる話。まさか、出入国するのにパスポートを7つも提出するなんてことは無いし、記事でも「使い分けていた」とされている。

もちろん、カナダ政府だってパスポートの使い分けなんかされては困る訳で。
 カナダ西部バンクーバーの裁判所で7日に行われた保釈申請の審問で、弁護側は孟氏が旅券の押収に応じると主張。カナダ入国の際には香港旅券を使用していたが、別に保有する中国旅券も本国から空輸して提出することを明らかにした。
そして、このパスポートを使い分けることで海外逃亡されては困るということで拘束する根拠にもなり得る。

旅券7通使うCFO、加検察「国外逃亡の恐れ」

2018年12月09日 09時22分
 米国の要請でカナダで身柄拘束された、中国の通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)(46)が、少なくとも7つのパスポート(旅券)を保有していたことが、カナダ検察の訴追資料から明らかになった。孟氏側は旅券の押収に応じることを条件に保釈を求めているが、検察側は孟氏が複数の旅券を使い分けていることから保釈後に別の旅券を使って国外に逃亡する恐れが極めて高いと反論している。
まあ、これ以外にも偽造パスポートを持っている可能性を指摘されているのだが、それはさておこう。

7つもパスポートを持っている事が異常だとは言えるが、もっと凄いのは支那と香港の両方のパスポートを持っている点である。
一般人であればまず許されないケースだ。

そして、こうしたニュースが出ているにもかかわらず、支那の外務省はファーウェイを擁護しちゃった。

ファーウェイ幹部逮捕、中国外務省が米国にも強く抗議

2018年12月10日2時14分
 中国の通信機器大手「ファーウェイ」の最高財務責任者が逮捕されたことを受け、中国外務省は9日、カナダに続きアメリカ側に対しても強く抗議しました。
 「ファーウェイ」の最高財務責任者、孟晩舟容疑者が逮捕されたことを受け、中国外務省の楽玉成外務次官は9日、中国に駐在するブランスタッドアメリカ大使を呼び出し、「アメリカがカナダ側に逮捕を要請した」と強調した上で、アメリカの行為は「極めて悪質だ」と強く抗議しました。
カナダと共にアメリカまで強く非難している。
これ自体は、正しいと思う。カナダの裏にアメリカがいるという状況はほぼ間違いがない。ただ、これを避難して大丈夫か?という点に関しては、パスポートの件を考えてもかなり立場的に不味い。

ファーウェイのCFOは共産党の公式スパイだ、という事を言っているようなものなのだ。
ただ、支那としてもそうせざるを得ないような現状がある。

上場直前のソフトバンクが抱える「ファーウェイ問題」の深刻度

2018.12.10
全ての政府機関に対し、ファーウェイとZTE製品の使用を禁止したアメリカ政府。その余波は各国に広がっており、一部メディアによると日本政府も、これら2社の製品を事実上排除する方針を固めたと報じられています。
~~略~~
今後、米政府が米国企業との取引を規制する制裁を課す恐れがある。制裁により、ZTEは会社自体が一時期、操業停止状態となり、Android OSのアップデートなども停滞し、ユーザーに混乱を招いた。ファーウェイが、グーグルとの取引を規制されれば、世界第2位という巨大なシェアを持つだけに、大きな混乱になることは必至だ。
実際、米国企業関係者に話を聞くと「制裁が課されると、その企業とは電話やメールのやりとりも禁止される。一切、連絡が取れなくなる」という。
この記事は、ファーウェイを擁護するような論調になっているのだが、バックグラウンドまで考えていけばこの話は、遅すぎたアメリカの反撃であり、ここを逃すと完全に通信技術が支那に呑み込まれていくようなリスクがあると言う事になる。
アメリカのやり方は露骨ではあるが、裏から手を回して支那の企業を出し抜くというようなことは、今や難しいという状況でもある。逆に言えば支那の裏工作を表に引きずり出して、アメリカは戦える状況を作り出しているとも言える。

追記 (2018/12/10)
そう言えば、愉快なニュースがあったな。

中国ファーウェイ・ZTE製品を排除へ 政府調達「安全保障上」

カテゴリ:国内2018年12月7日 金曜 午後0:11
中国通信機器大手の「ファーウェイ」などの製品について、政府は、安全保障上の懸念から、全ての府省庁の調達から、事実上、排除する方針を固めた。
~~略~~
与党関係者は、「政府がファーウェイの製品を分解したところ、ハードウエアに『余計なもの』が見つかった」と話している。
余計なものって表現が何とも言えないな。
これ、ハードウェアに「余計な」というのは、「本来不要なもの」という文脈で使われていて、「スパイウェア搭載じゃ無いか?」という疑いを持たせるような記事になっている。
だが、現実は多分、人民向けに出している製品(スパイウェア搭載)と、部品が共通しているので、「わざわざ外していない」という風にも考えられる。

ただし、ファーウェイの製品を使う方については、「例えスパイウェアが搭載されていても、それは了解して使ってくれ」という文脈の条文がある。コメントで頂いたので、紹介しておこう。

6. データ利用に関する同意

6.1 ユーザーは、当社およびその関連会社/ライセンサがユーザーの端末からデータを収集・利用することに同意するものとします (技術情報に限るものではありません) 。当該収集および利用は、本ソフトウェアの利用に関連して行われる場合および/または本ソフトウェアの機能の利用や継続利用の円滑化に関連して実施される場合があります。 ユーザーは、当社がソフトウェアの更新、製品サポート、その他の製品関連サービスを提供できるように、当社およびその関連会社/ライセンサがユーザーの端末から、端末名、システムとアプリケーションのバージョン、地域および言語設定、端末バージョン情報、デバイス識別データ (IMEI、ESN、MEID、SN) を収集することができることに同意するものとします。
6.2 当社のEMUIユーザー体験向上プログラムに参加して当社製品およびサービスの向上にご協力いただける場合、当社およびその関連会社/ライセンサは分析のためにユーザーの端末からデータを収集することができます。収集されるデータとして、端末設定データ、アプリケーション統計データ、エラーログデータが含まれます。全てのデータが匿名化されてから、収集および処理されます。
6.3 ユーザーの端末から収集された全てのデータは、ユーザーの居住国以外の国における当社関連会社/ライセンサに転送される場合があります。これは、ユーザーが当社製品およびサービスを利用している国以外の他の管轄地からデータの転送またはアクセスが可能であることを意味します。これらの管轄地はデータ保護に関する法律が異なっていたり、当該法律が存在しない場合さえあります。こうした場合、当社は全ての適用法または規制による要求に基づいて、同水準または十分な水準のデータ保護を保証します。
6.4 当社は、長期間の保存が法律により要求または許可されている場合を除いて、本契約および本個人情報保護で概説した目的を遂行するために必要な期間のみユーザーのデータを保持します。当社では、ユーザーのデータへの不正なアクセスや開示を禁止するための適切な技術措置および体制整備を実施していますが、完璧なセキュリティ対策は存在しないことをご理解ください。
6.5 ここでの同意の宣言はいつでも即座に取り消すことができます。取り消す場合、本契約の解約を定めた第7条に記載した規定が適用されます。
注:赤字は当ブログにて
この規約は、例えばdocomoユーザーは目にすることは無いのだが、適用される事が記載されている。
データが抜かれても文句を言うなよ、そしてそれは技術データに限定しないよ、といっている。スパイし放題だな!
追記2 (2018/12/11)
早かったなー。

携帯大手3社もファーウェイ除外へ

2018/12/10 15:25
 携帯電話大手3社が基地局などの通信設備から中国大手、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を事実上、除外する方針を固めたことが10日、分かった。
政府機関がファーウェイを忌避する以上は、携帯電話大手3社も当然そうせざるを得ないだろう。
ただ、基地局の通信設備のみ対応という事になっているようだが。

これは、アメリカ相手、或いはファーウェイ回避した他の国相手にも正しい対応、というかそうせざるを得ない状況で、3社が対応せずに政府が「ファーウェイ使わない通信会社」を認可して使いだそうものなら、行政関係は全てそちらに流れてしまうこと請け合いである。
ソフトバンク辺りは、他の2社よりダメージがデカイので抵抗するかと思ったけど、そんなことは無かったな。

そして、次の端末のラインナップからはひっそりと姿を消していくのだろう。
そこまでデカイ話になっている。

追記3 (2018/12/12)
あらあら。

ファーウェイ幹部、旅券8通以上所持 中国当局「特別扱い」

12/11(火) 20:18配信
 【北京・浦松丈二】米国の要請を受けてカナダ当局に拘束された中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が中国、香港の旅券(パスポート)を計8通以上所持していたと報じられ、中国当局による「特別扱い」に注目が集まっている。
~~略~~
さらに、香港紙・明報は、孟氏が7通とは別に中国の「公務普通旅券」を所持していたと報道した。計8通のうち、香港旅券の2通は異なる名前とされる。孟氏が海外での活動を捕捉されることを懸念し、渡航の際に複数の旅券を使い分けていた可能性があるという。

おっと、8通目が出てきた。
そして、香港のパスポートは「異なる名前」なんだそうで。完全にスパイだね。




ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32018年12月10日 14:56

    >まあ、これ以外にも偽造パスポートを持っている可能性を指摘されているのだが、
    中国本土と香港のパスポートについては言及されてますが、マカオのパスポートについて出てきてないのが、気になりますね...

    政府が発行したパスポート(旅券)なら「偽造パスポート」にはなりませんが。

    返信削除
    返信
    1. ああ、これは書き方が悪いのですが、政府公認であるパスポート7通の他に偽装パスポートを持っている可能性が示唆されているという話であります。何処の国のパスポートか?とか、ハッキリしませんがそんな噂もチラホラと。

      確かに、この7通については間違い無く支那政府は知っている話なので、偽装ではなくて正式なパスポートですね。

      削除
  2. 中国海航集団がドイツBKの全株売却した様子。
    かなりの実損出てるけど、お金が必要だったのか?
    逃げないといけない理由があったのか?
    デンマークのデンスケBK、ドイツBKともに
    マネロンで捜査中だったけど、このおばさんも
    預金通帳もってるのかしら? 

    返信削除
    返信
    1. ドイツBKの株を全部ですか?

      確かに9月頃にそれを検討したというニュースを見つけました。
      マネロン疑惑で色々とやられていて、UFJ銀行なんかも疑われていたようですね。アメリカはそこまで本気だと言うことでしょう。

      削除
  3. VIPには影武者が存在しパスポートはそれを補強していたのでしょう。

    返信削除
    返信
    1. その可能性は全く考えていませんでした。
      しかし、影武者専用のパスポートが存在すれば、その可能性はあるのかもしれません。そして、その影武者のパスポートも便利に使っていたのかも知れませんね。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。