韓国と断交するとしたらどのように行われるのか?

さて、昨日は割と感情的な記事を書いてしまった。「断交だー」と叫ぶのは割と簡単なのだが、じゃあ、日本の利益を考えたらどうか、という話を前回はしていないのだ。
ただ、個人的な結論として、この記事には「断交すべし」とは書かなかった。それよりも実効的な「行動で示して欲しい」と、その様に願った次第。

「韓国と断交」日本右翼が嫌韓集会…強制徴用判決でまた「忖度」浮上

2018年11月12日16時14分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
韓国最高裁の強制徴用被害者に対する損害賠償命令判決(10月30日)を受け、日本右翼団体の嫌韓集会がまた登場している。さらに日本の放送局が次々と防弾少年団(BTS)の出演をキャンセルし、韓日間の葛藤が続いている。一部では政府の立場に合わせる、いわゆる「忖度」文化が作動し、日本世論が過敏反応しているという分析が出ている。
さて、韓国の中央日報は「韓国との断交」について右翼が騒いでいたと、去年辺りに報じていた。実際に、応募工(韓国側の主張する徴用工)の判決があった辺りから日本の言論人を中心に「断交」を口にする人が出始めている。
なお、中央日報の記事の中身については目を通したが読む価値は無かったので、紹介するのは止めておく。


そして、件の議長は相変わらずのご様子。

(朝鮮日報日本語版) 天皇に謝罪求めた韓国国会議長が本紙単独インタビュー「謝罪する考えない」

2/18(月) 9:50配信
 文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長は17日、自身の「天皇(原文は日王)謝罪要求」発言に対する日本側の反発について、「謝罪するつもりはないし、そうすることでもない」と述べた。ただし、「韓米日が一つになって協力すべき状況において、このような事で争い続けるのは、お互い国益の助けにならない」とも言った。
まあ、これについて何か言うつもりはもはや無いのだが、しかし日本政府としては謝罪と撤回を求め続けるべきだとは思う。
顔も見たくないわけだが。

断交はどのように?
さて、断交の是非はさておき、実質的にどのような手続を踏んで断交に至るのだろうか。
日本と韓国は国交を正常化するにあたって、日韓基本条約(1965年)を締結している。したがって、国交を断絶するとしたらこれを破棄するというのが、正式なルートになるはずだ。

尤も、この日韓基本条約に関しては、このまま維持し続けるというのも問題のある条約ではある。
何故ならば、この条約では「日本は韓国を朝鮮半島の唯一の合法政府と認めている」からだ。日本が北朝鮮と何らかの形で国交を回復する場合には、この条約に手を付ける必要がある。
さて、大手メディアは「断絶」の文字を避けている節はあるが、個人の主張としては幾つか取りあげている所があった。

韓国と国交断絶する日

2018年11月7日 水曜 午後0:00
僕は何も韓国と国交断絶しろと言っているのではない。 韓国には多くの日本企業が進出しているし、4万人の日本人が住んでいる。輸出入も多い。
つまり国交断絶というのは現実的ではない。 ただこの徴用工、正確に言うと「朝鮮半島出身の労働者」の問題をめぐっては、このままだと間違いなく事実上の国交断絶になってしまう。

韓国との「国交断絶」は可能なのか?

2018年11月02日 15:00
10月30日、韓国の大法院(最高裁判所)は元徴用工4人に対する賠償金を支払うよう判決を下した。韓国の度重なる無法に対し、多くの方々が「もう、こんな国とは付き合う必要はない」との思いから「国交断絶」を主張されている。気持ちは分かるし、それができれば一番よいのだが、「国交断絶」は現実問題として難しい。理由は2つある。
片方がFNNのプライムオンラインの論説で、もう片方がアゴラの記事の引用である。
中身や結論似たり寄ったりで、「断交」「国交断絶」は現実的では無いと、その様に言及されていて、それよりも実効的な行動がどうできるか?という点について言及している。

この2つの記事で示唆されているのは、現在、韓国に在留している日本人をどうすべきか、と、経済活動をやっている企業に対してどうすべきか、について、心配する話だ。
そんな訳で、「日韓基本条約を破棄する!」といったところで、問題が解決しないという話になっている。

結局、目指すべき所は、日本の実益がどのような形で実現できるか?という点であって、「国交断絶」というセンセーショナルな単語を使う事で、国民が溜飲を下げるだけの話では意味が無いのである。

台湾との国交断絶
さて、この記事を書く切っ掛けになったkujiraさんのコメントの一部を紹介しておこう。
どこの韓国サイトもウォッチャーも「断交」そのものについて、全く無知でイメージだけで話してる印象があります。
まず「断交」とは何か、断交した過去の事例・他国の事例はどうなっているのか、という知識を共有したいかなと思っています。

日本の断交例としては、1972年の台湾との断交です(継続中)。
ニクソン訪中発表は衝撃的で、日本政府が知ったのは米国発表の数十分前だったと言われています。
同盟国と信じていたアメリカが事前相談一切なく、極めて重大な方針転換を発表したことで、日本の「信頼関係」「友人」などの甘い外交認識が浮き彫りになりました。
日本と国交の無い国は幾つかあるが、その代表格の1つが台湾である。

日本と台湾との関係は古く、戦国時代以前からの関係があったといわれている。記録に残る中では、1593年頃に豊臣秀吉が「高山国」(現在の台湾)に朝貢を促す文書を届けさせようとしたあたりの話から、江戸時代に台湾貿易をした話。台湾に作られたオランダ・東インド会社を駆逐した話など、がある。
1895年には、日清戦争の後の講和会議で台湾・澎湖諸島が日本に割譲され、同年中に台湾総督府が設置されるに至る。そして、ここから台湾の近代化を推進して行く話になる。
そして、1951年のサンフランシスコ講和条約により日本が台湾の権利を放棄するまで、台湾は日本の統治下におかれる。
その後、台湾は中華民国として蒋介石によって統治される事になるのだが、その頃も支那の反対を受けつつも日本と台湾の関係は続くことになる。これが終了するのが1972年の日本と支那との国交正常化によって、「日華平和条約は存続の意義を失い、終了した」という話になり、台湾側から対日断交の宣言に至る。

しかしながら、結局、1973年には民間交流を従来通りに維持する為に実務的な窓口機関を相互に設置するなど、関係は今も続いている。
実際に経済関係で行くとこんなデータが紹介されている。
対台貿易(2017年、JETRO)

(ア)貿易額
輸出 405億ドル
輸入 253億ドル
(イ)主要品目
輸出 電子部品,金属・金属製品,情報通信機器,一般機器,化学製品
輸入 一般機器,電子部品,化学品,金属・金属製品,プラスチック・ゴム
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taiwan/data.html

参考までに韓国のデータを紹介しておくと、対韓国の輸出額は551億2,500万ドルで、輸入額は268億1,600万ドルなので、貿易のスケールとしても韓国と大差無い。

他の国交断絶ケースを見ても、結局のところ象徴的な意味しかない場合が多い。そして、日本と韓国との間にはアメリカがいて、アメリカの意向抜きにはその関係のスタンスを変えることは難しいという事情もある。
つまり、日本が韓国と断交したところで余り意味は無いのだ。

日本製品不買運動
韓国で始まっているのが日本製品不買運動なのだが、先日ちょっとオチが付いてしまった。

「日本製品不買」を主張するソウル市長の愛車はレクサス?韓国ネットで物議

配信日時:2019年2月14日(木) 6時40分
2019年2月7日、韓国のインターネット掲示板に、日本製品不買を主張するソウルの朴元淳(パク・ウォンスン)市長の愛車が「レクサス」であると伝えるスレッドが立ち、ネット上で物議を醸している。
スレッド主は「Made in Japan、レクサスがいいんだね」とのタイトルで、キム・サンジンさん(大韓民国愛国市民連合、サイバー監視団長)が投稿した動画のスクリーンショット画像を掲載している。そこには、休日に自宅の車庫から白いレクサスに乗って出かける朴市長の姿が写っており、「休みの日には公用車の代わりにレクサスをお乗りになるおしゃれな朴元淳社長(笑)」との字幕が付いている。

韓国で日本製品不買運動 ユニクロも標的に

2/18(月) 13:01配信
 日韓の対立があらゆる方面でエスカレートする中、韓国内では公共機関に対し、日本製品の購買を禁じる法案まで登場した。最近、ソウル市議会で発議された『日本戦犯企業との随意契約締結制限に対する条例案』がそれだ。
~~略~~
 同紙は、1カ月間も現場の公務員を総動員して全品を調査した結果、日本製の割合は1~2%に過ぎなかったと指摘した。だが、洪議員は「ずさんな調査のせいで日本製の割合が低くなった」とし、「秋夕(韓国のお盆)以降、再び調査を要請し、日本製物品使用状況を正確に把握する」と主張したと伝えた。
さて、市長が付けたオチはともかくとして、こうした対日不買運動というのは、韓国にとっては実は非常にハードルが高い。
例えば、文房具1つとっても、韓国製品の品質は悪いらしく、教育の現場で日本製品を使わないという選択肢は、あり得ないと言われている。また、発泡酒・ビールに関しても、店で出すビールでメイドインジャパンを廃すると、外食産業的に大きなダメージを受けると言われている。

とはいえ、この様な不買運動は日本にとってはメリットがあるのでガンガンやって欲しいね。工業製品に関しても部品単位で日本製品の不買運動をやって欲しいものである。

「韓国製半導体を他国製品で代替」日本のPC業界が検討か=韓国ネット猛反発

2019/02/15 10:50レコードチャイナ
2019年2月13日、韓国メディア・ZDNet Koreaは、日本の主要なパソコンメーカーが先月、韓国製の半導体製品やディスプレーを米国、中国、台湾製などで代替できないか検討していたと報じた。
一方、日本側からも韓国製品の代替を検討しているというニュースがあったが、これは眉唾というか、日韓関係に無関係に進められる話だと思う。

経済的に離間していくことは、日本にしても韓国にしても良い事だと、僕はそう思う。

日韓関係の改善はあるのか?
さて、少し切り口を買えて考えてみたい。

「日本は盗人猛々しい」 天皇謝罪要求の韓国国会議長

2019.2.18 10:33国際朝鮮半島
 【ソウル=名村隆寛】「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と米国メディアに語った韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は、自身の発言に反発する日本に対し「謝罪する側が謝罪せず、私に謝罪しろとは何事か。盗っ人たけだけしい」などと批判した。文氏のインタビューとして複数の韓国メディアが18日、報じた。
完全にアジテーターになっている韓国の文喜相だが、彼はムン君のイエスマンといわれており、これらの言動はムン君の意を汲んだものだと考えて良いだろう。

つまり、これは韓国政府の公式見解なのである。

「日本の外交的孤立は自らの責任」北朝鮮紙

2019年2月20日 9時53分

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は19日、「日本が、朝鮮半島と地域での政治的・外交的孤立から脱しようとやっきになっている」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。
一方の北朝鮮はこんな事を吠えているが、韓国と連携している様子がよく分かる。アメリカのメディアだったか、高官だったかが、「文在寅氏は北朝鮮のスポークスマン」だと言ったようだが、まさにそんな状況になっている。

そして、現在、3.1節を控えていることを考えても、この勢いは更に加速することが予想される。案外、3.1節に南北融和を宣言して、何か具体的なアクションを起こすのでは無いかと、そんな観測も出ている。

つまり、日本と韓国との関係は放置しておけばどんどん悪化していくのである。特に韓国経済はかなり傾いているから、反日姿勢でガス抜きをせざるを得ないという状況もある。
では、日本から韓国に何か妥協案を提示し、例えば、日韓通貨スワップなどを結べば良いかというと、そうした事を行う意味は無いだろう。これまでは短期的には改善する可能性そ日本が期待していたようだが、ムン君に対してはこれは意味のないカードである。

正直な所、日本は韓国に対する姿勢を変えて意味があるのは、大統領が変わってからの話である。だが、前大統領のクネクネも、その前のアキヒロ君も、今は牢屋の中に入っているが、大統領の職にいた当時も日本に対して「良好な関係を築こう」という態度は見せなかった。
よって、次の大統領がいたとしても、それに期待するのは無駄な話だと思う。

今後の方針。
そして、日本が韓国との関係を考える上でネックになるのは、同盟国であるアメリカなのである。
kujiraさんのコメントにもあったが、アメリカの方針1つで台湾の関係を断絶するに至ったが、韓国との関係だって、それ程大きな違いはない。アメリカの方針転換で、朝鮮半島から手を引く話になれば、日本だってソレに追従せざるを得ないのである。

故に、当面は距離をとりつつも関係を続けていくしか無いというのが現実だ。貿易に関しても翌日から関係を断つという事ができない以上は、徐々に取引を絞っていくしかない。
淡々と離間していくというのが正しいと思う。

ただ、韓国に対するメッセージとして、日本政府が何か政策的なアクションを起こす必要はあると思う。「遺憾である」だけでは、メッセージ性は無いのだ。その事はいい加減理解すべきだと、そう思う。

まずは、経済的な関係を徐々に収束させていくことが必要で、それと合わせてビザなどの扱いを見直すべきだろう。更に、在日朝鮮人の方々の3世以降、在留特別許可を出さないようにして行くことも必要だ。これらは早急に着手すべき話だ。すでに韓国との経済関係はデメリットになって久しいので、政府として方針を示すだけで大きく環境は変化するだろう。

そして、多分行われるであろうアメリカの在韓米軍撤退を機に、軍事的関係も持たないようにして行くのが最終的な段階だろう。
……防衛関連の話は、どうしてもアメリカ抜きには語れないのが、悔しいのだが。

追記 (2019/2/20)
イイヨイイヨー。

日本名の樹木、韓国で植え替え 「日帝時代の残滓」指摘

2/20(水) 8:29配信


 韓国南東部、慶尚南道(キョンサンナムド)教育庁は19日までに庁舎前にあったヒノキ科の常緑針葉樹、カイヅカイブキを別の場所に移した。同庁は、3月1日に朝鮮半島で独立運動が起きて100周年を迎えることを契機としたと発表した。同庁関係者によれば、「カイヅカイブキは日帝時代の残滓(ざんし)」と指摘する韓国メディアの報道も影響したという。


はいはい、日帝残滓、日帝残滓。
韓国はこの手の日帝残滓掃討作戦は大好きなので、これを契機に是非とも進めて欲しいと思っている。

この手の巨木を移植すると、枯れてしまうようなケースも珍しくない。
きっと、枯れたら枯れたでせいせいするんだろうね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_32019年2月20日 14:42

    韓国への輸出についてですが、原材料・部品など(中間製品)及び生産機械と最終製品の2つに分けて考える必要があると思います。

    >文房具1つとっても、韓国製品の品質は悪いらしく、教育の現場で日本製品を使わないという
    >選択肢は、あり得ないと言われている。また、発泡酒・ビールに関しても、店で出すビールで
    >メイドインジャパンを廃すると、外食産業的に大きなダメージを受けると言われている。

    上の記述は、最終製品に関する内容ですね。
    最終製品は輸出制限するのではなく、外貨(円・米ドル・ユーロ)建てで輸出することにより、韓国の外貨準備を減少させることが、一種の経済制裁になると考えます。現在、日本国内にあるウォンを売り払うのも有効ですね。

    一方、原材料・部品など(中間製品)及び生産機械の輸出は、制限することが制裁になります。
    韓国国内で付加価値を発生させないということです。

    単純な輸出制限ではなく、品目ごとの判断が必要と考えます。

    返信削除
  2. 断交は現実的でないにしても、関係を希薄にしていくことはできますよね。
    ワーキングホリデーの停止、韓国からの日本政府による国費留学の廃止など、簡単にできるのではないでしょうか。そもそも、反日国中韓からお金を払って留学生を呼んでくるメリットが謎です。親日になって欲しいという動機なら見事に失敗していますし、2国は「経済大国」と「先進国」だそうですから、「途上国支援」には当たらないし。

    返信削除
  3. 木霊さん、今晩は。

    本当に不愉快極まりなく速攻で縁を切りたい気色悪い隣国なんですが、木霊さんや皆さんの仰る通り「日本からの断交」は悪手でしかありませんね。
    「この民族とは関わるな!!」と諭吉翁が100年以上前に指摘した通りになっちゃいました。

    >淡々と離間していくというのが正しいと思う。
    >ただ、韓国に対するメッセージとして、日本政府が何か政策的なアクションを起こす必要はあると思う。「遺憾である」だけでは、メッセージ性は無いのだ。その事はいい加減理解すべきだと、そう思う。

    これでいいと思います、無視すべきは無視し粛々と冷徹にやれる事をやり続ける(つまりい合法的な制裁)...、ですね。

    >まずは、経済的な関係を徐々に収束させていくことが必要で、それと合わせてビザなどの扱いを見直すべきだろう。更に、在日朝鮮人の方々の3世以降、在留特別許可を出さないようにして行くことも必要だ。これらは早急に着手すべき話だ。すでに韓国との経済関係はデメリットになって久しいので、政府として方針を示すだけで大きく環境は変化するだろう。

    僕がずっと意味不明と思っていた在日朝鮮人3世以降の在留特別許可は、今すぐにでも法で禁止して欲しいもんです。
    悪夢の民主党政権時代には、なんと選挙権を与える寸前まで行ったわけですし、吉田茂がアメリカ政府に依願した「戦後復興の害にしかならない(=犯罪など治安面)在日朝鮮人の強制帰国」は間違いではなかったと言うことですからね。

    まず既存の経済関係でダメージの大きい輸出禁止品目を決め距離を取り始める→新規交易に何かしらの厳しいハードル設ける(特に対南朝鮮事業に対して)→併せて汚染食物の疑いがある輸入品に注意喚起を促す→在日朝鮮人は1・2世代の根絶を待ちながら、3世代以降に対しては日本帰化申請すら厳しく審査しシャットアウトする→短期観光も含めビザ復活...、60年近く続いた日韓正常化を日本の国益優先で静かに清算するのですから、10年20年のスパーンで考える必要がありますね。

    そして、南朝鮮が破綻寸前に追い込まれた時に、たとえ相手が跪いき許しを懇願したとしても、シャットアウトされたハードル再開はとてつもなく高くしておくことが肝要でしょう。
    日本が取るべき姿勢の根幹は「この民族とは関わるな!!」なんですから、これだけは絶対に忘れてはなりません。

    その間、東南アジアの親日国との交易強化で南朝鮮と仲良くする理由すらなくってた...、そういうシナリオを描く良いタイミングじゃないかな?

    返信削除
  4. 日本国民ファーストを貫く事こそ利益、利益ファースト事こそ日本の将来に不利益。
     外国人の政治活動等、目的外入国を許してはならない厳格な法運用を望む。
     外国人芸能は日本で稼ぐだけで利益をもたらさない。
     外国人観光客の売り上げに汲々とすると日本人観光客は観光地を避ける。
     外国人の為の中国語・朝鮮文字の看板は撤去願いたい、英語だけで十分だ。

    返信削除
  5. 「トランプ大統領、今夏、金正恩委員長をホワイトハウスに招待と発表」
    となった場合でも、対応できるようにしないといけません。
    これを非現実と語ると、まさに台湾断交時の佐藤内閣と同じになります。

    シリア問題のソチ会議の結果ですが、戦勝国3カ国のメディアから判明したのは、
    ・ロシアは、とにかく米軍撤退最優先で他は全て玉虫色発言で後回し。
    ・トルコは、いつものクルド人許すまじに加え、イドリブはシリア政府に渡したくない構え。
    ・イランは、ロシアやトルコが裏で米国と取引することを最大限警戒、特にトルコのシリア北東部のセーフゾーン構想は、割と見え見えのトランプとの単独和平案だけに、強くけん制。
    、となっています。
    イランの立場はかなり苦しく、打倒クルドのみに邁進するトルコの米国側への寝返りを恐れ、更には大国ロシアの動向(最近イスラエルと頻繁に会談している)にも対応しないといけない状況です。
     日本は現在、イランに極めて近い状況であり、北朝鮮との和平が最優先の韓国、とにかく米国ファーストで同盟国の意向など無視するトランプ政権、そして日本国内では韓国への不満が高まるという、苦しい状況だと思っています。
     木霊様の結論のとおり、貿易制裁をするのは得策ではなく、制裁と宣言しないで別の名目で行う政策、木霊様の主張する在留許可関連を「移民政策」の一環という形で行う形が妥当だと思います。

    返信削除
  6. 木霊さん、おはようございます。

    台湾と南朝鮮の貿易データーは大きな差がなく興味深い紹介でした。
    「なんだ、台湾貿易を倍増すれば済む話じゃん!!」と、素人考えで単純に思ってしまいましたねェ~。(笑)
    日本全体の貿易収支額(&%)まで調べていませんが、対台湾で輸出を4兆円・輸入を3兆円増やせばチャラですよ。

    サムソンの稼ぎ頭とはいえ低価格化で薄利多売状況のDRAMなんて抱えていますから、南朝鮮経済唯一の屋台骨すら揺らぎ始めていますもん。

    まあ、ここら辺の詳しい状況についてはトンと知識がないもんで、しょせんど素人の印象でしかありませんけど...。

    静かで冷酷な経済制裁はあるけむさんがご指摘通り、「単純な輸出制限ではなく、品目ごとの判断が必要」が、現時点で日本がやるべき有効な手段でしょうね。
    声高に報復制裁を宣言する必要はなく、「安全保障と今後の日本経済発展に関わるリスクを考え、制限すべき輸出品目と判断した結果だ。」、これだけを冷たく突き放したコメントすればいいんじゃないかな?

    P.S.
    カイズカイブキは移植に困難な巨木というだけでなく、元来根が浅く移植が向かないコニファー類なんですよね。
    元々日本の一般家庭でもシンボルツリーとしてではなく、隣との境界に植える樹木で風に弱く(すぐ傾き樹形が整わない)&放っておけば手におえないほど生い茂りますから、今は植える人は滅多にいない樹木の代表です。
    故伊藤博文宰相は「朝鮮との関係を絶対に根付かない、一時の境界の役割に過ぎない」と予見していたのかも?

    間違いなく枯れちゃうと思いますよ。(今の関係を象徴しています-苦笑-)

    返信削除
  7. 韓国企業の海外取引に対して日本の銀行が信用保証しているのをやめる。
    日本の商社がついでに韓国分も買い付けている石油・穀類をやめる、韓国はスポット価格でしか買付が出来ない。
    韓国がデフォルトしても誰も助けるコツが出来ない。

    返信削除
    返信
    1. 「コツ」ではなく「こと」でした。

      削除
  8. 在留許可は、両国が紛争状態にあるための緊急避難処置
    として、執り行われたものと聞いたことがあります。
    終戦宣言、平和条約が締結され、国連軍が半島から撤退
    すれば、避難処置の必要が無くなるので、ご帰還を促す
    事に繋げて欲しい。
    関わらない、巻き込まれない、拒絶はするけど相手に
    しない、そのうち、南ベトナムと同じ運命を辿る。
    北が統一すれば、財産と共に本国への帰還を命じられて
    名誉市民として、温かく迎えてくれるでしょう。
    それまでは、最後の血の一滴まで絞り取りましょう!

    返信削除
  9. 木霊さん、おはようございます。

    今日は戦後歴史における朝鮮半島との日本の関わりについて、基本的な確認事項についてです。(時系列ではなく溯る形で重要な事実を列挙します)

    1.日本が唯一国連加盟国と未だに承認していないのが北朝鮮という事実。(1991年無投票で国連加盟承認南北同時にされたけど-両国とも国際的に国家として認知されて30年-)
    2.日本が承認していない根拠こそが、今争点化している1965年の「日韓基本条約」であり、終戦後に米ソの保護下で分断された歪な朝鮮半島の分断化の正当性を否定し、唯一の国家として南朝鮮を認定している事実。
    3.米ソ冷戦による朝鮮戦争後、南朝鮮には一切権利のない停戦状態であり38度線線は単なる軍事境界線なので、未だ領土として確定していなという事実。
    4.元々から日本の15年戦争の終焉と同時に、日本の併合統治が連合国の保護統治下に代わって生まれたのが南北朝鮮という事実。(つまり、国として統治能力無しと断定された民族って事です)
    5.南北は15年戦争の日本の降伏後、互いに(勝手に)1948年を国家独立としている事実と矛盾。(だって40年以上も国連加盟できなかったんですからね)

    現状だけで見ると大いなる格差はありますが経済的・軍事的には互いに独立していても、実は根本的には南北両国は未だ国際社会のルールの範疇から見ると、非常にあやふやで未だに厄介な立場でしかないと僕は思っているんですよね。

    非核化が本当に実現するのなら米朝首脳会談はやってもいいんですが、こういう歴史的事実の積み重ねと重大な齟齬が北朝鮮の核&弾道ミサイル開発と大量破壊兵器に走らせた歴史...、それがトランプ大統領のオツムの片隅に少しでもあるのか...?
    どうしても懐疑的になっちゃいますねェ~。

    返信削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。