支那の海洋侵出は更に加速する

支那は随分と急いでいるね。
中国が南シナ海で新たに「人工島の街」建設を計画
2019年3月19日(火)14時38分
国際的な懸念の高まりやドナルド・トランプ米政権からの厳しい批判にもかかわらず、中国は南シナ海で新しい人工島の街、「アイランド・シティー」の造成を推し進める計画だ。
中国が自国領土と主張している同海域最南端の三沙市は、ウッディー島(中国名は永興島)とより小規模な2つの島――ツリー島(趙述島)とドラモンド島(晋卿島)――を「国の戦略的サービスおよび物流の基地」にする計画だ、と発表した。3月18日付の香港紙、サウスチャイナ・モーニングポストが報じた。
「Newsweek」より
南シナ海で人工島をたくさん作っているのだけれど、今度はその島に人を住まわせるような方針になっているようだ。
相当お金をかけているのだろうけれど、急ぎ過ぎのような。

人工島のアレコレ

ウッディー島の発展……、発展???

えっと、三沙市というのが、そもそも南シナ海の南沙諸島を牛耳るために作られた都市であり、その中心部はウッディー島である。

凄かろう?
何しろ、島を貫く飛行場が建設されているのである。この様子は2009年の状況なのだが、2016年だとこうなる。

どんどん埋め立てが進んでいるぜ!
なお、この島、台湾とベトナムも領有権を主張している。つまり、この島は支那の支配地域ではあるのだけれど、領有権争いのある土地であると言える。

地図のピンの位置が件の島なのだけれど、何処が近いか?というと、支那の方が近いので、まあこの主張としては分からなくは無い。でも、ベトナムも結構近いね。

ツリー島も発展?

もちろん、他の島も同じである。
中国が開発進める西沙諸島・ツリー島の変貌、5年前との比較写真
2017年8月12日 14:16
【8月12日 AFP】米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)のアジア海事部門「アジア海洋透明性イニシアチブ(AMTI)」は11日、人工衛星写真を提供する米デジタルグローブ(DigitalGlobe)が2012年12月と2017年1月に撮影した南シナ海(South China Sea)西沙諸島(パラセル諸島、Paracel Islands)のツリー島(Tree Island)の衛星写真をAFPに提供した。同島で埋め立てや建造物の建設が続いていることが分かるとしている。
「AFP」より
これも、写真で見るべきだろう。


雲で隠れている感じだけれども、大きな港が出来ている様子はよく分かる。建物も増えている感じだね。
AMTIは、中国は2015年以降にツリー島で港のしゅんせつと約10ヘクタールの埋め立てを行い、最近になってヘリパッドと、風力と太陽光の複数の発電施設も完成させたとしている。また、昨年10月の台風で西沙諸島の別の2つの島と結んでいた埋め立て地が流されたため、中国は改めて埋め立てを行い、そこに新しい建物を造ったという。
「AFP」より
ツリー島もウッディー島付近にある島だが、やっぱり台湾とベトナムも領有権を主張している。

もっと発展させるぜ!

ということで、埋め立てて領地を広くした上で、軍事的な整備を進めているようだ。
同紙によれば、三沙市の肖傑市長(共産党委員会書記)は声明を発表。「これらの島と岩礁について、その補完的な関係を考慮に入れつつ、それぞれ機能の異なる総合的な開発を慎重に計画する」と述べた。彼はまた、開発は習近平国家主席の命令によるもので、「満足のいく成果」を挙げるためには地元当局者たちが「積極的にイニシアチブを示していく」とも述べた。
「Newsweek」より
何故、ここでこんなにお金があるかと言えば、これが支那共産党の方針なのである。
莫大な資金を使って基地を作る。
このお金はもちろん、軍事費には計上されないものなので、支那が一体これにどれだけお金を使っているかはよく分からない。ただ、莫大な資金を使っていることは間違いなさそうだ。だって、埋め立てて島を新たに作り出す勢いなんだぜ?
何しろ、ウッディー島は直径が1.6km程度の小さな島なのだけれど、ウッディー島にある滑走路は3,000mの長さがある。どこから突っ込んだら良いか分からない……。

もちろん、これが支那の領土であれば文句を付ける筋合いは無いのだが、領土問題を抱えた上で、南シナ海侵略の足がかりとして使える事になってしまっているのだから、困ったものである。

米軍も警戒はするけれど

さてさて、もちろんアメリカもこの支那の動きを警戒はしている。
3月14日には、アメリカが南シナ海の上空に「通常の訓練飛行」として、B52戦略爆撃機2機を派遣した。太平洋空軍の報道官はこの活動について「米航空機は、同盟諸国やパートナー諸国、自由で開かれたインド太平洋を支援するために、恒常的に南シナ海で作戦行動を展開する」と述べた。
「Newsweek」より
しかし、手が出せるかというと、これがなかなか難しい。

脅威度は、台風や津波などがこれば押し流される程度の施設なのではあるが、現に問題になりつつあるにもかかわらず、体裁としては支那の領土での話なので、なかなか歯止めをかけにくい。
中国が領有権を主張する海域については、マレーシア、台湾、ベトナム、ブルネイ、インドネシア、フィリピンが領有権を主張している。南シナ海は世界で最も船舶の通航が多い航路のひとつで、同海域を通じて貿易を行っている企業や国にとって、同海域の安定と開放が維持されることがきわめて重要であることを意味している。
「Newsweek」より
そして、支那が超大国化している中で、直接的な因果関係にある国々は対抗できない状況になっている。

これは日本のシーレーンに関わる話なのだから、無視出来ない話なのである。



ランキングへの応援クリックよろしく!

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ






コメント